Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
ブログを続ける励みになりますので、
応援クリックをお願いします<(_ _)>
クリックすると、「行政書士試験」ブログの
それぞれのランキングが見られます。
ほかの方のブログも見て、情報収集するのもよいかと。
また、当ブログへ戻ってきていただけたら幸いです。


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokugaku3gyoseishosi.blog.fc2.com/tb.php/55-7d3b6dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地役権について

たまには、少しは行政書士試験の勉強に役立ちそうなことを書いてみたいと思います。

直近だと、昨年度の行政書士試験で出題されているにもかかわらず、
意外と過去問集に載っていなかったりする地役権(民法)について。


地役権と時効、共有についての簡単なポイントのまとめ。


地役権

基本
 地役権とは、ある土地の価値を高めるために、ほかの土地を何らかの形で利用する権利のこと。
 地役権には、通行地役権、水利地役権、眺望地役権などがあります。

要役地と承役地
 地役権によって、価値が高まる方の土地を要役地といい、
 地役権者に利用される方の土地を承役地といいます。

取得時効と共有
 要役地が共有されているとき、一人が時効取得すれば、共有者全員が、地役権を取得する。
 承役地の権利者が、取得時効を中断するには、共有者全員にしなければならない。

消滅時効と共有
 要役地が共有されているとき、共有者のうちの誰か一人でも消滅時効を中断すれば、全員について消滅時効が中断される。

まとめ
 取得時効の中断は、全員に中断しなければならない。
 消滅時効の中断は、一人中断すれば、全員中断。
 要は、地役権が発生しやすい方向に考える。

以上、簡単ですが、もしよければ参考にしてください。


ランキングに参加しています。
ブログを続ける励みになりますので、
応援クリックをお願いします<(_ _)>
クリックすると、「行政書士試験」ブログの
それぞれのランキングが見られます。
ほかの方のブログも見て、情報収集するのもよいかと。
また、当ブログへ戻ってきていただけたら幸いです。


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokugaku3gyoseishosi.blog.fc2.com/tb.php/55-7d3b6dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

お勧め勉強本(独学・短期合格を目指す方へ)

にほんブログ村


FC2ブログランキング

もしよろしかったら、押してください <(_ _)>

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告



Amazon


Extra

プロフィール

遠い音楽

Author:遠い音楽
独学、学習期間約3ヵ月で、2012年11月の行政書士試験を受験。
民法、商法といった法律については初学者でしたが、無事一発合格。
お金をかけずに、独学、短期間で、行政書士試験に合格する勉強法や体験談を紹介しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。